妊娠中の便秘対策で注意する事

便秘を治したい方のサプリ

女性にとって妊娠中はとても気が張りつめており、ホルモンバランスも乱れてしまいます。
妊娠中に起こる便秘はとくに注意しておかなければならないでしょう。
体の中にはもうひとつの命が存在しているので簡単に下剤を飲むこともできません。
妊娠中の便秘対策について詳しく説明します。

便秘解消効果のある成分を摂取しよう

妊娠中は便秘になりやすいと言われています。

なぜなら妊娠中に分泌量が一気に増える「黄体ホルモン」には便を排出するための働きである蠕動(ぜんどう)運動を抑制してしまうからです。
また、お腹の中にいる赤ちゃんが腸を圧迫することも原因のひとつとなっています。
便秘になりやすい妊娠中だからこそ、自然素材から便秘解消につながる成分を積極的に摂取していかなければなりません。
そこでオススメしたいのが「食物繊維」「乳酸菌」「水分」の3つです。
食物繊維は緑黄色野菜や果物に多く含まれていますし、乳酸菌はヨーグルトにたくさん入っています。
便をやわらかくするための水分も必要不可欠です。
下剤には化学薬品が入っているので赤ちゃんに悪影響を与えてしまいます。
しかし、天然素材から得られる成分であれば体への悪影響もないので安心して摂取できるでしょう。

便秘サプリメントを利用する場合は無添加のものを

便秘を治したい方のサプリ

妊娠中の便秘対策として便秘サプリメントを活用する妊婦さんも増えてきていますが、防腐剤・香料といった添加物が入っていないものを必ず選んでください。
添加物が入っているとそれが赤ちゃんへ悪影響を与えてしまいます。
できるだけ安心して服用できる便秘サプリメントを選んでください。
本当に安心して飲むためにも担当の医師に一度相談してみるとよいでしょう。
妊婦さんによって体質も違うので一部の妊婦に評判がよいサプリメントでも自分に合うかどうかは正直わかりません。
そのときは自分で判断せずに専門の医師に相談してアドバイスをもらってください。
医師が認めてくれたならば安心して服用することができるでしょう。

妊娠中の便秘は長く続けば続くほど赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうのでできるだけ便秘が起こらないように日々の過ごし方に気をつけることが大切です。