便秘の種類について

便秘にはさまざまな種類があるということを知っているでしょうか。
症状によって便秘の種類がわかり、適切な解消法で改善できます。
便秘にはどのような種類があるのか詳しくみていきましょう。

「機能性便秘」と「器質性便秘」

便秘を治したい方のサプリ

大まかに便秘を分けると「機能性便秘」と「器質性便秘」の2種類があります。
機能性便秘は排便の仕組みや便がつくられる過程において何かしら原因がみられる便秘で、そこからさらに細かい種類に分かれます。
一方、器質性便秘は機能性便秘のように細かく分けられませんが腸そのものの病気から起こる便秘なので早めに解消しなければなりません。
大腸ガンや炎症、閉塞といった病気が原因で腸の管が狭くなる現象がよくみられます。
途中で病気になり、便秘が起こるのであれば治療をすれば解消されますが、先天性の場合は長く付き合っていく必要があるでしょう。
先天性はもともと体のつくりが便秘になりやすいものとなっているのでどうすれば便秘が起こらないのか考えることが大切です。

さまざまな種類がある「機能性便秘」

機能性便秘は症状によってさらに細かくさまざまな種類に分かれます。
一時的に便を排出するための働き“蠕動(ぜんどう)運動”が鈍くなってしまう「急性便秘」、長期間便が腸内に蓄積される「慢性便秘」、服用の薬によって引き起こされる「医原性便秘」の3つです。


慢性便秘」はさらに「弛緩(しかん)性便秘」「痙攣(けいれん)性便秘」「直腸性便秘」の3種類に分けられます。
弛緩性便秘は腸を押し出す力や筋力が低下することで起こり、痙攣性便秘はストレスによる自律神経の乱れ、直腸性便秘は脳が便を出す指令を出さないことが原因となっています。
それぞれ種類によって特徴や原因が変わってくるので自分はどの便秘に当てはまるのか調べなければなりません。

便秘の種類で治療法・対策も決まるので解消する前に必ず確認してくださいね。
どうしても自分で分からない場合は病院を受診するとよいでしょう。